MLBスタジアム

MLB挑戦 投手が野手よりも成功しやすい理由

MLBで投手と野手の二刀流で活躍している大谷選手をはじめ、投手や野手でMLB挑戦をしている又はしてきた日本人選手が多数います。しかし、投手と野手に分けて見ると、日本人投手の方が日本人野手よりもチームへの貢献度が高く、成功している傾向にあるようです。投手ではドジャースなどに在籍していた野茂英雄をはじめダルビッシュ有や田中将大など投手では数多くの日本人が一定の実績を上げています。要因としてはいくつかありますが、最も大きな理由は技術の高さではないでしょうか。日本人投手は外国人投手にはない細かいコントロールがあるため、力まかせに振ってくるMLBの打者が対応しづらいのかもしれません。

一方、日本人野手に目を向けると、様々な記録を作ってきたイチロー選手やワールドシリーズでMVPを取った松井秀喜選手が挙げられます。しかしそれ以外、MLBで活躍した野手はと聞かれるとあまり名前が挙がってきません。投手に比べて野手がMLBで活躍できない理由としてはパワー不足にあると言えます。外国人野手と比較すると日本人野手の体系は小柄に見えてしまうので、パワー系の投手が多いMLBでは力負けしてしまうのでしょう。

スポーツファンでスポーツの勝敗予想に自信がある方、また好きな方はブックメーカーにチャレンジしてみるのもいいでしょう。MLBは当然ですが、ブックメーカーはありとあらゆるスポーツの勝敗予想ができるようになっています。
今までのブックメーカーは海外のサービスでしたが、日本に対応してきているブックメーカーが増加していますので、簡単に勝敗予想ができるようになってきました。
詳しい説明は「ブックメーカーのスポーツ勝敗予想が面白い」を読んでみるといいでしょう。日本のブックメーカーについて詳細が書いてありますのでよく理解できます。

活躍する選手

MLBで成功した日本人投手の共通項

MLBで成功している日本人投手の共通項は、MLB選手に負けないだけの球のスピードを持っていることと、変化球のキレ味です。野茂や田中、上原、ダルビッシュ、松坂、大谷、前田、大魔神の佐々木などすべての投手がスピードと変化球のキレ味で勝負できる選手です。特にスプリッドと呼ばれる落ちる変化球(日本ではフォークボール)はいろいろな選手の決め球です。ただし、日本に比べて登板間隔が短いため故障には注意する必要があります。松坂などは故障がなければもっと活躍できたでしょう。怪我を乗り越えて日本球界に復帰した松坂は応援したい選手の一人です。日本人の投手は制球力(コントロール)が良いため、球のキレ味とコントロールで勝負できる投手もいました。長谷川選手などです。

野茂から始まった大リーグ挑戦ですが、日本人投手はかなりの確率で成功しています。各チームでエースや守護神になる場合が多く、日本のプロ野球で、コントロールや変化球のキレ、打者との駆け引きを学んできたからでしょう。

また、MLBではフォーシームを投げる投手が多くなっています。フォーシームの微妙な変化に頼りすぎると、そのうち通用しなくなるのでバリエーションを加えて投球するのが望ましいですよね。